関甲新学生野球連盟

関甲新学生野球連盟とは

運営方法

構成

加盟校数の関係から前シーズンの成績を基にした各部6校を基本に1部~3部に分けたブロック運営を行なっている。 最上位リーグを1部リーグ、下位リーグを2部、3部と称する。

対戦方法

・1部~3部共に春季と秋季にそれぞれリーグ戦を実施。また各シーズン終了後に各部の間で入れ替え戦を実施する。
・1部:2戦先勝方式の総当たりによる勝ち点制。(引き分けは再試合)

2戦先勝方式
同一の対戦校に対して先に2勝したチームがその相手校との対戦に勝利したとして対戦を終了する。(1勝1敗の場合は第3戦を行い決着を付ける。)

・2部:2戦固定の総当たりによる勝率制。引き分けも試合数として有効。
・3部:2戦固定(構成数が6校を上回る場合は1戦固定制)の総当たりによる勝率制。引き分けも試合数として有効。

順位決定方法
勝ち点制
・同一対戦校に勝ち越した場合に勝ち点1を獲得し、勝ち点が多い方が上位。勝ち点が同じ場合は全体の勝率比較によって順位を決定。
・勝ち点も勝率も同じ場合は、優劣の決定が必要な場合に限り決定戦(プレイオフ)を行なう。
・決定戦の成績はリーグ戦の成績に加算しない。
勝率制
・当該チームの全勝数を引き分け試合を除いた全試合数で割ったもの。その数値が高いチームを上位とする。
入れ替え戦
・各部のリーグ戦の終了後に上位リーグの最下位校と下位リーグの優勝校との間で対戦を組み、勝者チームを次シーズンの上位リーグの所属とする。(敗者チームは次シーズンは下位リーグ所属となる。) 対戦方法は2戦先勝方式。
各部ルール
・2部リーグ戦では二塁三塁塁審、3部リーグではすべての審判が学生により行われている。
page top